資産運用成功の秘訣|不動産投資セミナーは無料で受けられる|実になる知識
レディ

不動産投資セミナーは無料で受けられる|実になる知識

資産運用成功の秘訣

アパート

長期的に見て優秀

マンション経営はミドルリスク、ミドルリターンと称される資産運用です。その理由となるのが、充実したインカムゲインです。インカムゲインとは、資産を保有しているだけで得られる利益のことです。マンション経営の場合、家賃収入が該当します。他の資産運用だと、株式の場合は配当や株主優待、投資信託の場合は分配金等といったものがインカムゲインです。周知のとおり、家賃を支払うことが働いて収入を得る目的の1つになっている人は多くいますから、マンション経営のインカムゲインは非常に高額となります。もっとも、売却することで利益を得る、キャピタルゲインに比べれば、家賃収入で得られるのは少ない利益です。しかし、売却しても利益が得られないという恐れもあります。従って、ミドルリスク、ミドルリターンな資産運用であり、言い換えれば、長期的に見て、優秀な資産運用だと言えるのです。

収益物件にも長期的な視点

マンション経営を成功させる秘訣は、収益物件の良しあしにかかっています。そこで注意しなければならないのが、新築が必ずしも良い収益物件とは限らないことです。新築ですから、当然、高い家賃を設定することは可能です。但し、いずれは新築も中古となりますから、いつまでも高い家賃を設定し続けることは不可能です。つまり、新築の価値は、数年間しかないのです。また、共有スペースが充実している物件も、必ずしも良い収益物件だとは言えないのです。共有スペースが充実していれば、住人の暮らしは充実しますから、借り手が多く募る可能性は高いと言えます。ただ、共有スペースは、いずれ古くなりますから、修繕が必要となる時が訪れます。その修繕費が、マンション経営を圧迫してしまう恐れがあるのです。このように、収益物件選びにも長期的な視点が必要となります。