賃貸経営リスクを避ける|不動産投資セミナーは無料で受けられる|実になる知識
レディ

不動産投資セミナーは無料で受けられる|実になる知識

賃貸経営リスクを避ける

紙幣

リスクを避ける工夫

賃貸経営をする上でもっともネックなのが入居率です。入居率が低ければ賃料を上げるなどして収益を改善する必要があり、また一定の入居率を割り込むと維持費すら賃料から賄うことができず持ち出しとなるリスクがあります。全国的には賃貸物件の平均3割程度が空室とされており、その点から見て入居率は7割以上あることが望ましいといえます。しかし、実際に入居者を集めるのは難しいですし、地域によっては入居者の流動性が高く管理が煩雑になるリスクがあります。これらのリスクや手間を回避するための方法がサブリースです。サブリースは、サブリース会社が一括借り上げするというものです。賃料はサブリース会社から得るため入居率に関係なく安定した収入を得ることができます。

サブリースの人気

サブリースによる一括借り上げが人気のポイントとしては、安定した収入が確保できるという点です。一括借り上げを利用する場合には契約に基いて賃料が支払われるので入居率に関係なく家賃を得ることが可能です。また入居者との契約や管理はサブリース会社が行うので管理の手間が少ないといったメリットもあります。このため一括借り上げによって空室リスクと滞納リスクを回避することができ、かつ管理業務も一括で任すことができるので賃貸経営の負担が軽減できます。また貸し付ける相手が減るため、確定申告が簡素化できます。特に入居者の流動性の高いところでは入退去時の経費計算が煩雑になりますが、サブリースであればこれらの負担も減りますし、また入居者とのトラブルでも訴訟の当事者にならないといったメリットがあります。