損しない為に|不動産投資セミナーは無料で受けられる|実になる知識
レディ

不動産投資セミナーは無料で受けられる|実になる知識

損しない為に

硬貨

2つの意味がある

収益物件を持つオーナー向けの家賃保証契約には2つの意味があり、家賃収入を保証してくれる意味は同じですが保証内容に違いがあります。入居者が滞納した家賃を保証してくれるものと、収益物件の管理や入居者がいるいないに関わらず家賃収入を保証してくれるものとがあります。ややこしいのですが、どちらも家賃保証契約の意味で使われています。どちらの家賃保証契約も収益物件を持つオーナーに提供されているサービスです。大きな違いはその収益性にあり、収益が高いのは入居者の家賃滞納した場合に家賃を補てんしてくれるタイプの家賃保証契約であり、収益物件の管理を任せする家賃保証契約は収益性が劣ります。しかし、収益物件の管理を任せる家賃保証契約は、その分管理が非常に楽で何もしなくても良いメリットがあります。

保証は社会状況によって

家賃保証と一口に言っても2つの保証の仕方があり、それぞれに注意したい点があります。滞納した家賃を保証してくれる家賃保証会社はオーナーにとってはメリットしか感じられないものです。デメリットのほうが少なく、きちんとした家賃保証会社を選べば家賃収入が毎月確実に確保することが可能となります。収益物件の管理を任せて家賃収入を保証してもらう家賃保証会社は、家賃の金額がずっと保証されるわけではない点に注意が必要です。家賃は、周辺環境の変化や社会状況の変化によってどうしても下げる必要に迫られることもあります。なので、常に家賃の金額が適正かどうかや相場よりも高くなっていないかなどのチェックはしておきたいものです。